最近の記事

2010年04月17日

NEWS山下智久と長澤まさみが犬猿の仲!


長澤まさみ smart

劇場版『あしたのジョー』への主演が発表されるなど、俳優としても着実に活動の幅を広げているNEWSの山下智久。そんな山下が、長澤まさみに対して「共演NG」を宣言しているという。テレビ関係者が明かす。

「山下は2007年のフジテレビドラマ『プロポーズ大作戦』で長澤と共演していますが、その際に『彼女のワガママに振り回されて大変だった』と今でも周囲にこぼすほど、長澤を毛嫌いしていますよ」

 現場での長澤は、「衣装のサイズがピタッとこないの〜」「あの服じゃあイヤだ!」「ごめんなさ〜い! あのイヤリング嫌い」「ネックレスはあっちの方がいい」などといった具合に、撮影が始まっているにもかかわらずワガママの言いたい放題で、「山下も、長澤があそこまでワガママだとは思っていなかったようです」(前同)という。

 その後、山下は複数の関係者に対して「オレ、あいつ(長澤)とは絶対に仕事しないからな!」と吹聴しているといい、長澤と山下の不仲は業界内では有名なのだとか。

「当の長澤はあっけらかんとしたもので、『プロポーズ大作戦』のスタッフに対しても『ドラマ楽しかったね、またやりたいね』と、山下の批判など、どこ吹く風ですよ」(前同)

 大物映画女優に「ワガママ説」は付き物だが、昨今、興行収入の面でも「完全に頭打ちで、もう彼女には集客は期待できない」(映画関係者)という長澤だけに、このままでは将来がいささか不安かも......?

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/4721149/

このまえテレビで見たけどそんなことを言うようなキャラじゃないと思うんだけど。でも女優ってわからないからな。



posted by eco at 20:52| Comment(19) | 長澤まさみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

菊川怜のブルーレイのプロモーションはギャグ


Ra―菊川怜写真集

タレントの菊川怜が、菊川ブルー“レイ”としてワーナー・ホーム・ビデオ/デジタル・ディストリビューションが展開するブルーレイプロモーションのスペシャル・サポーターに就任。菊川は、「ついに来たぜ!ワーナーのブルーレイ2500円!」をキャッチフレーズにした同企画で、全身をブルーのファンデーションで塗って宣伝活動に臨む。

 菊川は、「ブルーなレイこと、菊川怜です。私もこういうギャグのような引っかけが好きなので、自分的には本領発揮って感じです」とノリノリの様子。全身をブルーに塗っての撮影も楽しんだようで、「起用されたと聞いたとき、レイという名前に生まれてよかったと心から親に感謝しました。そのおかげで、このお仕事ができたので、すごくうれしいです」と喜んだ。

 「映画みるならブルーレイ。このわたしが目印です。」とうたったコピーで展開されるプロモーションは、4月19日から全国の新聞広告、都内交通広告、ウェブ、雑誌などで全包囲網的に露出がスタート。同21日からは、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「ダークナイト」「チャーリーとチョコレート工場」「グラン・トリノ」など準新作を含む150作品が一斉に2500円へ値下げする。

 また、5月19日発売の「かいじゅうたちのいるところ」は業界初の試みとして、ブルーレイとDVDをセットで販売する。また、初ブルーレイ化となる「ムーンウォーク」を6月2日に発売するほか、年末までに200作品以上をリリース予定。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000001-eiga-movi

単なるダジャレでキャスティングされてたら悲しいですね。



posted by eco at 13:47| Comment(0) | 菊川怜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

宮崎あおいがキムタクのヒロインを辞退してジャニーズおかんむり!


Cut (カット) 2009年 01月号 [雑誌]

“歌手デビュー”した宮崎あおい(24)がノッている。
宮崎は3日公開の主演映画「ソラニン」で歌とギターに初挑戦。
本人は「歌が得意ではない」と苦手意識を持っているのだが、映画は上々のすべり出しのようだ。

「『ソラニン』は発行部数が70万部を超える人気コミックが原作で、映画も公開前から注目が集まっていました。
昨年主演した『少年メリケンサック』の興収は10億円。今回もそれに近い数字になりそうです。
NHK大河『篤姫』を大ヒットさせた“あおい効果”は健在です」(映画ライター)

また、宮崎が出演中のアパレルブランド「アースミュージック&エコロジー」のCMも話題を呼んでいる。
ロックバンド「ブルーハーツ」の代表曲「1000のバイオリン」を大声で歌っているCMだ。
宮崎の歌唱力に対し「調子外れ」「スーパー音痴」という厳しい意見もあるが、専門家の感想はちょっと違う。

音楽評論家の富澤一誠氏がこう言う。

「ブルーハーツのとがった曲を宮崎が明るく楽しそうに歌う様子は新鮮な印象です。
開放的で、春にピッタリのCMだと思いますよ」

今秋には宮崎と大竹しのぶのダブル主演映画「オカンの嫁入り」の公開が控えている。このまま今年もブッ千切りそうだ。

もっとも、心配な情報もある。宮崎の行く手を阻む動きがあるというのだ。
発端は宮崎が今クールの木村拓哉主演の“月9”ドラマ「月の恋人〜Moon Lovers〜」(フジテレビ)のヒロインを辞退したこと。

「“キムタクが振られた”という話が流れ始め、ジャニーズ側がおかんむりというのです。
今後、宮崎の主演ドラマがあったら、ジャニーズ側が裏番組で人気グループをぶつけてくる可能性もありそうです」(関係者)

今の宮崎の勢いなら、どんな逆風も返り討ちにできそうだが。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/4705111/

しかし昔に比べるとほんとにジャニーズに力って弱くなりましたよね。テレビ離れが影響なのでしょうか?
posted by eco at 13:51| Comment(0) | 宮崎あおい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

野久保直樹がヘキサゴンではなく舞台から復帰した理由とは?


弱虫サンタ<CD+DVD>

フジテレビ系の人気番組『クイズ!ヘキサゴン』にレギュラー出演し、類稀な“お馬鹿キャラ”で人気が爆発、一躍時代の寵児にのし上がった「羞恥心」の野久保直樹。だが、その全盛期は長く続かなかった。ブログの無断開設、独立を匂わす問題発言により、所属していた渡辺プロ幹部に睨まれ、番組降板、活動停止に追い込まれたのだ。

 所属していたプロダクションを離れて独立するタレントに対して、業界が冷たいのは当然である。長い期間、資金を投資し育成してきたにも関わらず、売れた途端に独立されては業界の秩序が乱れるからだ。今までも、渡辺プロからは沢田研二、森進一、小柳ルミ子などが独立しているが、いずれも一定期間の活動停止を経て復帰している。業界の慣習では、この活動停止期間とは普通一年間だといわれている。
 野久保直樹に関しても、ブログ騒動から一年が過ぎ禊(みそぎ)が済んだらしく、4月に入り復帰に関して具体的な動きが出てきた。キティフィルムが運営する「劇団たいしゅう小説家」の公演『キマズゲ〜愛のことば〜』(公演期間:2010年4月29日(木)〜5月5日(水))に急遽出演することが決まったのだ。この劇団は、プロデューサーの高橋正行だけが固定のメンバーであり、俳優、演出家は公演のたびに集められており、今回野久保直樹に白羽の矢が立ったわけだ。
 当初、島田紳助の後ろ盾により、『クイズ!ヘキサゴン』に復帰するのではないかと目されてきたが、渡辺プロと吉本興業が友好関係にあることから、島田紳助の政治的配慮で、番組復帰は先延ばしされたようだ。

引用元:http://netallica.yahoo.co.jp/news/117726

まあ最後のテレビ出演での発言が意味深でしたからね。
野久保直樹がヘキサゴンを干された理由は何?
posted by eco at 19:53| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

北野誠が毒舌封印で復帰したが需要はあるのか?


北野誠怪談集 おまえら行くな! (ルナティック・ウォーカーシリーズ)

不謹慎な発言が問題となり、昨年4月から無期限謹慎処分となっていたタレントの北野誠(51)が20日、大阪・通天閣劇場TENGEKIのステージに立ち、約10カ月ぶりに芸能界復帰を果たした。15日に所属の松竹芸能が処分の解除を発表していた。

約10分間の出番では謹慎の一因ともなった持ち味の毒舌は封印。「いいことはおかげさま、悪いことは身から出たサビ。その通り!」と自己批判するなど「ここに立てるのも皆さまの支援のおかげ」と平身低頭。

謹慎中のエピソードも披露。テレビ復帰となる「たかじん胸いっぱい」(27日放送、関西ローカル)の司会のやしきたかじん(60)に「気分転換しろ」と札幌の住居に呼ばれて歓迎を受けたことや、昨年末、松村邦洋(42)から家族そろって山口の温泉に誘われたことなどを明かした。

最後は「すべてが元通りになるとは思いませんが、皆さんに支えられながら頑張っていきます」。報道陣から「毒舌キャラは今後どうする?」と問いかけられたが、無言のまま立ち去った。

引用元:http://www.sponichi.co.jp/

確かに面白みがなくなるし。
北野誠怪異体験集 続 おまえら行くな。
ラベル:北野誠
posted by eco at 12:31| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。